株式会社 M.D.M

戸建て基礎工事
地下構造/半地下構造
とび・土木工事、外溝工事

問い合わせ メールフォーム

ブログ

住宅基礎工事に求められるスピード感と対応の柔軟性

住宅基礎工事に求められるスピード感と対応の柔軟性

2020年5月29日

こんにちは。東京立川にある基礎工事会社、M.D.Mです。関東一の住宅基礎屋になることを目指して、社員一同日々努力をしています。

様々な職業の方が一同に介す住宅建設工事は天候をはじめとする様々な要因より、当初予定していた工期・スケジュールから大きく軌道修正をしなくてはならないケースが珍しくありません。

特にお家の”基礎”の工事は住宅建設の最初の1歩でもあります。そのため、我々の仕事如何(いかん)によっては、後々の工事に響く影響が特に大きな物になってしまう責任は常に持って仕事に挑んでおります。

しかし、だからこそ、弊社M.D.Mは、そんなイレギュラーな事態に対して可能な限り「迅速」・「柔軟」に対応することも仕事の1部として認識しております。

今回はブログ記事を通して弊社M.D.Mの対応力をご紹介したいと思います。

ご相談されたそのタイミングから会社一丸となってスケジュールを組み立て直す
即日に「生コン発注」手配まで

スケジュール通りに行き辛い住宅建設、弊社は現場監督より「(予定していたよりも)早く工事に入ることができないか」と言ったご相談を受けることが少なくありません。

そのようなケース、どのように対応することが住宅基礎会社として親身なあり方でしょうか。

弊社は、相談を受けたタイミングよりその日1日で…

1:現場監督より図面を預かる

 

2:それを元に、即座に手書きで工程表を練り直す

 

3:会社事務員にそのデータを送信工程表の清書をおこす

 

4:新しいスケジュールに併せ、必要な生コンを計算、手配を行う

までを一連して行います。

上の画像が手書きのスケジュール、下の画像が事務員が清書したものになります。

建設現場に少しでも携わったことがある方であれば、この対応が異例のスピード感を持っていることがお分かり頂けるのではないでしょうか。

この時、清書したスケジュール表も”その場凌ぎ”のモノでは終わらせません。
ただでさえ忙しい現場監督の方の負担を少しでも減らしたい思いがあるため、即座に作成した工程表であっても、工事全体のスケジュールの全体が見通せるモノであるよう心がけて作っております。
事実、工事が完了するまでそのスケジュール表が工事全体で使われることも少なくありません。

ここまでの動きを可能にするのは、社長の全ての予定を社員が確認できるようにシェアされていること。そして、イレギュラーの時の”対応力”こそ基礎住宅会社が試されているポイントであることを社員一同が通底して感じているからです。

仕事が出来るギリギリの雨天でも最高品質をお届けする

また、生コンを扱う「住宅基礎工事」は天候により作業が進められないこともございます。
それは端的に雨天の時の時です。晴天時と違って雨天時に生コンを打設することはあまり良しとされません。
しかし、これはあくまで”打設が出来ないほどに雨が降っている”場合であり、本来であれば多少の雨であれば打設をすることは可能です。にわか雨で工期をズラす必要はありません。

多少の雨で仕事を見送る、簡単にスケジュールを変えてしまう住宅基礎屋が少なくない中、弊社M.D.Mはコンクリートが打設できるギリギリの雨量を見極めて仕事を行うので、余程の雨が降っていない限り仕事に穴を開けることはありません

これは上でもご紹介下通り、住宅基礎工事の段階で”つっかえて”しまうと、後々に入る建設会社の人たちにまでも多大な迷惑をかけてしまうことが分かっているからです。

とは言っても、雨天時に無闇に仕事を敢行するわけではありません。
「工期を可能な限りでズラさない」ことは品質を保てることが大前提でもあります。

「やれることは全部やる」関東一の基礎工事会社を目指して

「基礎工事でここまでしてくれるなんて」
「1日で対応してくれて助かった」

弊社は様々な現場で、施工物の品質と共にその”対応力”についても感謝の声をいただくことが多く、そのことは受注数の増加という事実に裏付けられています。

しかし、我々から言わせればこれら対応力は何も凄いことをしている訳ではなく、基礎住宅屋として当然のことであるとも思っています。

繰り返しにもなってしいますが、他業種との”橋渡し”的役割の側面も強い住宅基礎屋は他の建設業よりも一倍、社員や現場に携わる人の立場に立って物事を考えることが基本であるからです。

ましてや、2020年5月現在、コロナはいまだ猛威を振るっており、いつどんな形で、どんな業種にイレギュラーな事態が襲ってくるか分からない状況でもあります。

弊社M.D.Mは住宅基礎屋です。出来ることは限られていますし、他業種との線引きはしっかりと分けなくてはなりません。
しかし、その出来る範疇の中で「やれることは全部やる」精神を何よりも大事にしていきたいと考えています。

今回の記事を読み、いつも頼んでいる住宅基礎屋さんの対応に疑問を感じられたらご一報ください。
弊社M.D.Mはどの住宅基礎会社よりも相手の目線にたち、”痒いところに手が届く基礎会社”になれるよう、奢らずに邁進していきます!