株式会社 M.D.M

戸建て基礎工事
地下構造/半地下構造
とび・土木工事、外溝工事

問い合わせ メールフォーム

ブログ

基礎屋経営の全てを身につけたいなら求人は選ぶべき!東京立川M.D.Mに来るメリット

基礎屋経営の全てを身につけたいなら求人は選ぶべき!東京立川M.D.Mに来るメリット

2020年5月14日

こんにちは。東京立川にある基礎工事会社、M.D.Mです。関東一の住宅基礎屋になることを目指して、社員一同日々努力をしています。

住宅基礎屋の職人さんは、どのようにして独立しているのでしょう。また、どうしたら独立できるのでしょう。独立に近道はあるのでしょうか。
近道はあります。今日は、独立するための近道についてお話します。

 

 

■M.D.Mの求人がすごい。東京で住宅基礎屋として独立するために必要なこと1

独立するということは、資金調達して、起業して会社を登記して(もしくは個人として届け出て)からスタートです。

会社員の職人として仕事をしてる今、当たり前のように払われている給料も、当たり前のように目の前にある仕事も、当たり前のように使っている材料や機材も、多くの場合は自分で準備することになります。

 

■M.D.Mの求人がすごい。東京で住宅基礎屋として独立するために必要なこと2

もう少し詳しくお話すると、例えば事務作業は、見積もり・請求書作成、材料の管理報告書の管理、請求書のチェックをしたり、お客さんとのやり取り、もちろん電話対応もこなします。
経費の処理も、給与計算の手配も、もちろん、収入を得るための営業活動も大事な業務です。

起業をするのであれば、会議で営業戦略を立てたり、営業リストも作ったり、電話をかけて訪問のアポイントメントを取ったりもします。訪問した客先にフォローを重ねることも大事です。

そして、今の時代は、何をするにもパソコンが必要です。
マウスの操作方法はもちろん、表計算の公式まで…パソコンを自由に使いこなせますか。

 

 

■東京立川にあるM.D.Mの求人に応募することが住宅基礎屋の独立への近道

私自身も、独立したことで毎日が初めての仕事の繰り返しです。
M.D.Mに入社していただくことによって、会社員として職人をしながら、独立するために必要なことを伝えていきたい考えています。
経営って、依頼案件を管理して、人員を管理して、顧客を管理して、そして、お金を回していくっていうことと直結しているのです。

建設業は諸々の振込みが翌々月である会社がほとんどで、入る金額も出る金額も大きいので、資金繰りに行き詰まる時もあります。
そんな時に要となるのは銀行とのお付き合いです。

つまり、企業の存続はお金にかかっていると言っても過言ではなく、急に資金が必要な時、柔軟に融資してくれるように銀行とも関係作りをしておくことがとても大切なのです。

 

■住宅基礎屋の独立に必要なことを経営者の傍で学べる求人を選びましょう

この業界には、社員教育とか幹部育成とかという意識が薄いように思います。
職人としての技術も「見て覚えろ」の後「やってみろ」と。でも、大抵の場合、1度見たくらいではできないですよね。結果的に、うまくいかないと「なんで分かってない?」と叱られることもよくあります。

M.D.Mの社員教育のビジョンは、まず、社員達には管理職につくことを目標に、協力会社さんの取りまとめやマネジメントをしてもらうことから始めています。

協力会社さんとのやり取りって、技術についてのフォロー、人員のやり繰り、少しでも利益を上げられる方法を考えたりするので、学べることが多くあるんです。

 

 

弊社では、新規参入が少なく小規模な家族経営が多い基礎工事の業界をより盛り上げていくために、

・協力会社

・一人親方

・社員としての弊社求人への応募

と、どの様な形の付き合い方でも共に出来ることをやっていきたいと考えています。

 

基礎屋として独立するための支援も、弊社の社員でなくとも協力したいと思っています。

 

ぜひお気軽にご連絡いただき、独立に向けた一歩を踏み出してください。ご相談はいつでも受け付けております。(LINEもありますので活用してください!)

 

↓基礎工事会社の独立支援制度、詳しくはこちらをクリック

東京 基礎工事 住宅